映画好きな株式公開/上場(IPO)を目指す会社の経営戦略、マーケティング、M&Aを応援するCSR経営コンサルタントのプライベート(非公式)ブログです。


by mack-inomata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アマルフィ

本日から続編のテレビドラマがスタート。それは別にして先日の
テレビ放送をまんまと観てしまいました。


アマルフィ女神の報酬


この映画は脚本家の表示がなされなかったことから物議をかもし
ましたけれども、改めて本編をみるとそうだろうと思いました。
映画の脚本がベースというよりもCMのコンテがベースのような
カットが流れます。

ストーリーや出来はともかく、映像の方はオールイタリアロケの
本領を発揮してゴージャスの一言で、オープニングのコルソ通り
はニュー・シネマパラダイスを思い出させ、ミネルヴァセキュリ
ティから逃走する引きのカットはルパン三世のよう。まるでイタ
リア旅行でもしたような気分にさせてくれるところが美味しいで
すね。

当地について多少の知識を持っている方ならば、壮大な規模で撮
影されたことが想像できるだけ、否応なしに引き込まれるだけの
力をもった画面に仕上がっていました。

そうそう、今回の放送で初めてスーツケースがDELSEYのものだっ
たと気づきました(笑)。

そんななか琴線に触れたのは、意図したのかしなかったのか、や
はりテージスのルーフラインで、大使館前に停まっている明るい
シルバーはヴィオラのソロのようでした。

以前ミラノの訪れたとき、街中を行くテージスを見て「次は絶対
ランチアにする」と誓いその誓いを実行しましたが、手元にある
ショッキングピンクのYはヴァイオリンのように輝いてくれるの
かどうか一抹の不安がよぎります。

それは、最後の最後でポジターノの海岸だったという映画のよう
な話とシンクロしていたりして。


感謝!
[PR]
by mack-inomata | 2011-01-13 09:44 | 映画(CINEMA)