映画好きな株式公開/上場(IPO)を目指す会社の経営戦略、マーケティング、M&Aを応援するCSR経営コンサルタントのプライベート(非公式)ブログです。


by mack-inomata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アルゴ

今年はスパイ映画が豊作で、年初から何本あったのかという程

でしたけれども、スパイ映画の”らしくなさ”で会心の出来だっ

たのが本作。




アルゴ (ARGO)



1979年のイランアメリカ大使館人質事件がテーマのノンフィク

ションなのだが、テーマがスパイなのにもかかわらず痛快な

ストーリー、よく出来た画面と映像、カット割と編集、などなど、

スリリングな仕上がりは映画としての出来栄えを最高峰に近い

ところまで押し上げています。



これは、きっと主演したベン・アフレックが監督をしていること

も、映画制作に対する思い入れという点でその情熱があるレベル

へと昇華しているようにすら感じられる秀作です。



ちょっと裏読みしすぎとご指摘をいただくかもしれませんが、

本作中にハリウッドで映画の脚本を買い付けるシーンがあり、

それがアメリカでの映画産業の日常というか、裏側のように

描かれていますが、だとするなら、まさしく本作もそのように

して製作されたのか?と思わずにはいられませんでした。



万が一そうだとするなら、この企画の購入を決意して投資をした

のは一体誰なのか?本作公開時にアメリカでは大統領選挙が行な

われていたことを加味すると、純粋なエンターテイメントという

よりは何らかの意図があっての”ハイテンション”があったの

ではないか、という仮説が邪推の範囲ではありますが、成立しう

ると思いました。



一度封印された歴史に再び光を当てたのが当時の民主党政権なら、

今年の大統領選で勝利したのも民主党政権でしたね。



だって、これはスパイ映画ですから。





感謝!



[PR]
by mack-inomata | 2012-12-17 13:02 | 映画(CINEMA)