映画好きな株式公開/上場(IPO)を目指す会社の経営戦略、マーケティング、M&Aを応援するCSR経営コンサルタントのプライベート(非公式)ブログです。


by mack-inomata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

A Good Year

韓国行きのJALのなかでラッセル・クロウ主演の新作
「A Good Year」をみました。

ラッセル・クロウはどちらかというと苦手なタイプの
役者さんなので普段だったら観ませんが、原作・脚本が
ピーター・メイルだというので興味が湧きました。

ストーリーは、ロンドン・シティでトレーダーをしている
クロウが、叔父の相続で南仏プロヴァンスを訪れたこと
によるドタバタと人生の幸福を見つめなおすもの。

現代の人間のように、多かれ少なかれ非常に忙しい人に
とっては、都会のビジネスと田舎の生活との葛藤という
は、非常に反応しやすいテーマですが、そこに美しい
女性がいたとなっては、最初から結論は決まっているような
ものですね(笑)。

私は、女性がファクターでなくても、文明のある田舎が
理想でして、くだらない法規制のために魂を売るような
ことをするよりは、上質なトリュフとワインのためなら
領収書や所得税といった制度をばかにできる知恵を持ち
たいものだなぁ、と常々思っています(笑)。


あ、もちろん美しい女性もね♪
[PR]
by mack-inomata | 2007-02-14 14:53 | 映画(CINEMA)

不都合な真実

イタリア行きの飛行機のなかで、現在日本で話題となって
いる、ゴア元アメリカ副大統領主演の映画「不都合な真実」を
みました。

飛行機のなかでしたので、すべて英語で内容が把握しきれ
なかったものの、現在地球上で発生している異常現象や
異常気象等を映像とデータでレポートしていくドキュメンタ
リーは、言葉を超える伝達力があります。

私が暮らしている日本の神奈川県でも、10年程前から毎年の
ように暖冬がつづき、夏には気温が40度を超えるようになり、
季節の変化が夏に向かって10日ほど早くなり、冬に向かって
10日ほど遅くなるのを感じていました。

この10年近くの変化を、私自身は中国の工業化の影響が
大きいのではないかと考えていましたが、映画によると、それは
どうやらアジアの一地域だけで起こっていることではないよう
です。

東京や神奈川にお住まいの方にお伺いします。

ここ数年、きれいな紅葉はどのくらいご覧になりましたか?


気候がこのまま変化しつづけると、日本の本州は熱帯性気候に
なるかもしれないですね。

地球温暖化の多くの原因は、二酸化炭素の増加による温室効果と
いわれています。いわゆるCO2の問題です。

このCO2の発生は、人間の活動が直接的、間接的に大きな原因
となっており、従来からの生活習慣うち、エネルギー効率の良く
ないものは、改善するか止めることを求められることになるで
しょう。

これは、「ステーキを食べたいから好きなだけ食べ、その結果
太ったからダイエットをする、失敗してリバウンドで太り、また
ダイエットをする」といった、よく目にする習慣も含まれるでしょう。

「人間は、見たくないものは見ようとしないものだ」と仰った
のは失敗学で有名な畑村洋太郎先生ですが、今後はライフスタ
イルの変更が求められることになるでしょうから、早く気づいて
習慣を転換することが大切かなと思います。

感謝!
[PR]
by mack-inomata | 2007-02-02 14:51 | 映画(CINEMA)