映画好きな株式公開/上場(IPO)を目指す会社の経営戦略、マーケティング、M&Aを応援するCSR経営コンサルタントのプライベート(非公式)ブログです。


by mack-inomata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

柴又慕情その2

じつは、寅さん記念館を訪れるのは今回が初めて。この
映画が劇場で公開されていたころは、ちょうど映画に関
心をもったころで他にも観たい映画があり、「寅さんは
いつでも観られる」とどこかで思っていたところ、渥美
清さんが亡くなってしまったのです。

ちょうどそんな年代だったので、男はつらいよを観たの
はテレビが最初で、当時は結局劇場で観ることがありま
せんでした。

そんな距離感からか、柴又はもちろん、大船や小諸に出
かけることもなく、恥ずかしながら最近になってマイブー
ムになっている、そんな具合でございます(笑)。

その寅さん記念館に入って驚いたのは、本物のくるまやの
セットが大船から移築され、展示されていること。

寅さん記念館、くるまやのセット
▲寅さん記念館、くるまやのセット

寅さん記念館、くるまやのセット

映画のセットというのは、実際よりもはるかに小さく
(大体70%見当?)出来ていて、広角レンズで撮ることを
前提にできているんだな、と感心しきりでした。

その他、この映画に対する本当に様々な角度からの展示
物をみて、その奥行きに感動しました。

寅さん記念館
▲こんな小道具まであります(笑)

ゆっくり城東の下町を楽しんだあと、来た道を戻って
帰りました(笑)。

柴又駅

感謝!
[PR]
by mack-inomata | 2008-09-09 13:53 | 映画(CINEMA)

柴又慕情

今年は、寅さんの夏が終わるころだからか、連日のように
雨が降る処暑となりました。

そんな秋の近さを予感させる夕方には、下町の情緒がよく
似合います。

ちょっとミーちゃんかもしれませんが、柴又でワンデイ
トリップと洒落こんでました。

柴又駅
▲雨の降る柴又駅。寅さんが傘を差している。

駅前の参道を歩くと突当たりは帝釈天ですから、柴又は
帝釈天参道がそのまま駅前商店街を兼ねているような
本当に小さな町です。

柴又、帝釈天
▲柴又、帝釈天

柴又、帝釈天

せっかくですから、江戸川脇にある寅さん記念館を覗く
と、これがとても素晴らしくて時間を忘れるくらい展示
物が盛り沢山なので、時間があるときには一日過ごした
いくらいです。

記念館のなかには、壁一面にポスターが貼られていて、
ちょっとしたワールドがあります。こういった趣向は
他の映画では出来ないことですね。

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
▲第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」の
壁を携帯で撮る(笑)

男はつらいよ 寅次郎紅の花
▲こちらは第48作(笑)


感謝!
[PR]
by mack-inomata | 2008-09-08 13:52 | 映画(CINEMA)

高梁で口笛を吹く

岡山県に高梁市という場所があります。最初にタカハシと
耳にしたときには、どこかにある「高橋」という場所だろ
うと思っていました。なぜならば、それは映画のなかに
出てきた場所だからです。

名作、男はつらいよの第32作目「口笛を吹く寅次郎」の
舞台がこの備中高梁。高梁市内には松山城という城があり
ますが、これも四国の松山と区別するため備中松山城と
呼ばれるそうです。

そんな名作の舞台である高梁ですが、地図でみると岡山市
から山間に入ったところなので、観光の目的地にしない限
り、なかなか行かれないだろうと思っていましたが、ひょ
んなことから訪れることになりました。

備中高梁

その高梁でしたこととは、もちろん口笛を吹くこと(笑)
短時間の滞在でしたが、ご縁のようなものを感じます。

旅というのは、なかなか面白いものですね。


感謝!
[PR]
by mack-inomata | 2008-09-01 13:50 | 映画(CINEMA)