人気ブログランキング |

映画好きな株式公開/上場(IPO)を目指す会社の経営戦略、マーケティング、M&Aを応援するCSR経営コンサルタントのプライベート(非公式)ブログです。


by mack-inomata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Angels & Demons

「ダ・ヴィンチ・コード」第2弾。


天使と悪魔 Angels & Demons Sculpt

第1弾はセンセーションを引き起こし、キリスト教のお膝
元でもブームが起きたそうですが、今回は全世界も冷静さを
保っているようにみえます。

この静寂の理由は何でしょう?と考えたとき、「天使と悪
魔」というタイトルの意味が、世間に伝わらなかったから
ではないかと、映画を観た今では思います。

私個人を指すならもとより信心の類が強くなく、「存在を
信ぜよ」というのは、宗教は人間が作ったものである以上
論理性の限界を超えるものではなく、一方、八百万の神も
太陽神も、ユダヤ教の預言者も、信頼性の可能性を0では
ないと思っています。これが不可知論の根拠です。

さて、世間に十二分に伝わらなかったメッセージは、映画
というメディアにとってどのような意味をもったのか、映
画の世界(業界?)にとっては、プロダクト・ポートフォリ
オの一つが期待値をクリアできなかったという評価で終了
するのか、作品の内部に迫ったときに方法論を検証するこ
とが行われるのか、もっぱらこの点に興味をもっています。

折りしも、映画の世界に近づける機会がありそうですので、
自分の目と鼻で大いに感じ取ることにしましょう。

そんな能書きよりも何よりも、ローマの街にはランチアが
よく似合い、石造りの建物にはジュジャーロのアルファが
サラブレッドのように見えたことで充分楽しい映画でした。

感謝!
by mack-inomata | 2009-06-19 18:28 | 映画(CINEMA)

映画「ハゲタカ」

ようやく「ハゲタカ」を観てきました。

好評を得たテレビドラマの映画版という位置付けのためか、
テレビドラマでの演出がリフレインされていましたが、テ
レビでは6時間あったものを映画では2時間強にまとめた
ためか、作品として少し消化不良感が残ったように思いま
す。

ストーリーは、市場を中心に「想定される範囲内」の出来
事が右から左まで登場するので、現代資本主義における市
場を学ぶには良い教材ではないでしょうか。

かつてのウォール・ストリートと同じように、この映画に
興奮する方がいらっしゃるかもしれません。


ウォール街

こういった作品から市場での活動を学ぶのは、効率的かつ
効果的だと思いますので良い機会、「金持ち父さん貧乏父
さん」と同じレベルですね。


金持ち父さん貧乏父さん

問題といいますか、本来はその機会を越えたところにある
ように思いますので、「想定の範囲外」に対応できるよう
になるまでの学習は、相変わらずやはり求められるだろう
と思います。

感謝!
by mack-inomata | 2009-06-16 18:26 | 映画(CINEMA)