映画好きな株式公開/上場(IPO)を目指す会社の経営戦略、マーケティング、M&Aを応援するCSR経営コンサルタントのプライベート(非公式)ブログです。


by mack-inomata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

バブルへGO!!

観てしまいました。タイムマシンはドラム式を。


バブルへGO!!タイムマシンはドラム式



不景気もこう長く続くと、いい加減飽き飽きしてきて、どこかで派
手に何かをやらかさないかと思うものですが、それが国の安全保障
上の情報流出だったりすると冗談では笑っていられないもので、こ
の国の将来を不安視する風潮が増大することを、経済学上スタグフ
レーションといいます。半分本当です。

スタグフレーションに比べれば、映画の中でワンレンボディコンが
踊って騒いでいるのは可愛いもので、大いに笑って楽しみました。

やっぱりバブルといえば六本木でしょう(笑)。

当時は、1985年のプラザ合意以降を受けた金融緩和から低利の
他人資本が不動産市場に流れ込み、不動産価格の上昇と、転売と開
発を繰り返していく不動産業界を中心にバブル景気となりました。
  
現在は、リーマンショック後から回復できない欧米・日本と、回復
した新興国の好景気とのギャップから、為替市場がタイトになって
おり、日本は円高不況から更に金融緩和をして株式指標が上向いた
状況です。

さて、これからどうしたらよいか。

ラヴ・コメディ映画から何かを学ぼうなどと考えるのは、将来フィ
ルムを撮りたいと思う者だけでしょうけれども、今や不動産に限ら
ず日本全体のありとあらゆる部分を再開発するために、緩和された
資本が「最適に」投入されることが大切でしょう。

景気は気からと申しますが、人間はニンジンからかもしれません。

ニンジンが見えると行動を起こす、その心理と経済効果のミクロ現
象の分析を、経済学上では行動経済学といいます。ノーベル賞が取
れる学問です。ならばニンジンが見えるようにすればいい。これが
最適の考え方の現実です。

20年前はマクロ経済が主役、現代はミクロ経済が主役。最適の切
り口は変化しています。

さっさと考え方を変えましょうよ(笑)。

合同会社設立 神奈川県横浜川崎パスポート取得代理申請本厚木 軽貨物運送 古物 経営コンサルティングと法律事務 病医院資金調達支援 講演依頼/講師派遣




公式ブログ



感謝!
[PR]
by mack-inomata | 2010-11-11 14:05 | 映画(CINEMA)