人気ブログランキング |

映画好きな株式公開/上場(IPO)を目指す会社の経営戦略、マーケティング、M&Aを応援するCSR経営コンサルタントのプライベート(非公式)ブログです。


by mack-inomata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「青い蹄鉄はアナコット製鉄がお好き」の続編。当時生意気盛り
だった私は上映中に観に行かず、ビデオを借りてみた記憶があり
ます。



WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS



ゴードン・ゲッコーを演じたマイケル・ダグラスの演技が強力な
インパクトをもっており、それにマネーの品性を問わないパワー
が相乗して有名な作品になりました。

続編の本作は、意外にもロワー・ダウンタウンやタイムズ・スク
エアがほとんど登場せず、いかにも投機経済といったイメージが
確立してしまったシリーズの続きとしては肩透かしを食らう内容。

一般に、特にハリウッドで製作される映画は、世相を色濃く反映
するものです。すると、今作はリーマン・ショック後の世界秩序
の変化に戸惑う先進諸国の社会を写したものかもしれません。

ニューヨーク・ブル



前作も今作も、本質的に共通するのは人間と貨幣との関わりと意
味合いであり、強欲は善とかこの2時間は資産となるといった言
葉とは対極を「Is greed good?」と問うものです。まあ大雑把に
言えば前作は「貨幣と人間」、今作は「人間と貨幣」と言ってお
くのが良いのでしょう。

カネは必要。ではカネは全てか? 欲は必要。では欲は全てか?

二元論で論じることの意味合いを監督は問うたかもしれません。

あえて目的と手段で分けるなら、カネは手段、目的は?

Happy Valentineの日に。


感謝!
by mack-inomata | 2011-02-14 12:47 | 映画(CINEMA)

寅次郎物語

「ヒデ、いいか。よーく聞くんだぞ。

おじさんはなあ、お前のあのろくでなしのオヤジの仲間なんだ。

いい年をして、おっ母さんの世話もみねえ。

子どもの面倒もみねえ。

そんなお粗末な男にお前なりてえか。なりたくねえだろ。ヒデ。

だったらな。このおじちゃんのことなんか、とっとと忘れて、

あのお母ちゃんと二人で幸せになるんだ。分かったな。

分かったら、早く行け。

これだけ言っても分からねえか。おじさん怒るぞ。行け。

これで涙拭いて、さっさと行け。」

「働く? なあに言ってんだおめえは。

働くっていうのはよ。博みてえに、女房のため、子どものため、

額に汗して、真っ黒な手して働く人たちのことを言うんだよ。

オレ達は口から出まかせ。インチキくさいものを売ってよ。

客も承知でそれに金を払う。そんなところでおマンマ頂いてんだよ。

それが渡世人のつれえところよ。」



男はつらいよ 寅次郎物語



意気地も度胸もない人生が38回となりました。

もう少し立派な人間になりたいと思うのですが、その道は果てし

なく長く遠く、どこにも辿り着く前に終わってしまうのではない

かと惑っております。

こんな体たらくの野郎のところにも、多くの方からお祝いの電話

やメッセージを頂戴いたしまして、翌日の今日までお返事をして

おります。

アッシは幸せもんです。ありがとうございます。

感謝!
by mack-inomata | 2011-02-07 17:21 | 映画(CINEMA)