映画好きな株式公開/上場(IPO)を目指す会社の経営戦略、マーケティング、M&Aを応援するCSR経営コンサルタントのプライベート(非公式)ブログです。


by mack-inomata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シネマW座

私の事務所のすぐ近くに人形劇場があります。



先日、週末に事務所へ出てきたら、いつもの風景がいつもと異な

るので、あれ?なんか違うな、と思って少々恐る恐る通ってみた

ら、いつもの人形劇場がお化粧直しして、撮影現場となっていま

した。



一瞬、いつの間にか人形劇場が映画館に衣替えしたのか?と錯覚

したのですが、撮影機材の方は道の反対側に設営されていて、か

なり本格的な野外ロケの様相です。



テレビ撮影でよくある、レポーターとカメラマンと補助スタッフ

の身軽なものは時々遭遇しますけれども、カメラが設置され監督

がメガホンであちこち指示を飛ばし、俳優さんが衣装の上にコー

トを羽織ってスタンバって、スタッフが忙しく駆け回る風景は初

めてでしたので、これは何という作品だろう?としばし見とれて

しまいました。



どうやら、私が遭遇したのは撮影準備に入ったところだったよう

で、実際の撮影は少々先のことになる気配。痺れを切らしてスタッ

フの方に「これは何という作品ですか?」と聞いてみたら、



「ごめんなさい。お話できないんです。」と返されました。



なるほど、この世界はそういうものなのかと思い、その場を後に

しました。



その後しばらくして撮影のことも記憶から忘却へと移りつつある

ころ、テレビを点けたらお馴染みのあの風景が映し出されて、記

憶が鮮やかに甦ります。「あ、あの時の撮影だ!」



そう、あの時の撮影がついに公開されたのです。



それは日本初の映画専門チャンネル「WOWOW」のプロモーショ

ンCMでした。



映画専門チャンネルだけあって、CM撮影もフィルムなのか!と

改めて感動いたしました。



こういう細かいことの積み重ねって大切ですね。





感謝!





[PR]
by mack-inomata | 2012-05-15 15:57 | 映画(CINEMA)

裏切りのサーカス

今年はスパイ映画の当たり年だから、年後半にかけても大型スパイ

映画が封切りされる。しかし、残念ながら、この映画以上の傑作に

はならないだろう。



スパイ映画に限らず、すべてのジャンルで文句なしに間違いなく今

年最高傑作と評されるだろう。これぞ映画という作品。




裏切りのサーカス



「映画」を英語に翻訳すると、movieとfilmが表れる。今日では

すっかりムービーと呼ばれることが多くなっているが、ムービー

では、この映画を表現することはできない。



This is THE FILM. これぞ映画。



10年に一度の傑作と言っていいだろう。



私のような素人が講釈を垂れるより、配給会社のフライヤーを看

た方がよい。そこには、こうある。



一度目、あなたを欺く。

二度目、真実が見える。



私は一度しか観ていないが、確かに一度ではよく分からないほど

複雑で緻密な脚本である。一秒たりとも目が離せない、という評

論は間違いなくこの作品のためにある。



もういちどフライヤーをみると、作家の赤川次郎さんが曰く、



「巨匠ル・カレが、スパイ映画を荒唐無稽なアクションや

コンピューターゲームから、重厚な人間ドラマに取り戻した。

肌を刺すような本物のサスペンスがここにある。」



これ以上の評論があるだろうか。



最低2度以上観ることを考えると、今すぐにでも劇場に走った

方がよい。見逃すことは人生の損失だ。



tinker-tailor-soldier-spy.jpg





感謝!



[PR]
by mack-inomata | 2012-05-08 13:11 | 映画(CINEMA)