映画好きな株式公開/上場(IPO)を目指す会社の経営戦略、マーケティング、M&Aを応援するCSR経営コンサルタントのプライベート(非公式)ブログです。


by mack-inomata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

天使の分け前

銀座テアトルシネマの《さよなら興行》として、公開されている

作品を観てきました。



angelsshare.jpg



観る前は、もちろんモルトウィスキー好きとして本作に興味を

もったのですが、実際に劇場に足を運ぶと映画として、さらに

銀座テアトルシネマさんが閉館になると聞くと、人生ドラマと

して興味を抱くように、その心境が変化した作品です。



モルト好きとしては、まず初めて耳にするモルト・ミルという

蒸溜所、それから同じく初めて見るというべきか、まだ訪れて

いないというべきかのディーンストン蒸溜所、さらによく知って

いるにも拘らずこれまた初めてみるグレンゴインとバルブレア

の両蒸溜所。これらに触れられるだけで満足なところを、コレ

クター垂涎というモルト・ミルがオークションに掛けられる等、

彼の地のモルト文化の深遠の一端を覗かせてもらう幸せ。



映画好きとしては、スコットランド版「フル・モンティ」との

触れ込みの通り、あの荒涼とした緑の大地とすっかり落ち着いて

ゆったり時間が流れるハイランドの景色、これまたいかにも

というようなスコットランドの社会習俗と、同じ英語とは思え

ない強烈なスコットランド訛りの英語。とくに英語は、私が

蒸溜所めぐりをしたときにはまったく困らなかったのに、この

映画の中で話されていることばは半分以上聞き取れず、とき

おりドイツ語か?とさえ思いました。



最後に、現代の資本主義の社会を通してみる「何もない」偉大

な田舎のスコットランドと、そこで生まれる希少価値が高値を

呼ぶ年代物のモルト原酒、その狭間で漂流するようにゆっくり

流れる時間と、どうすることもできない巨大な歴史のなかで

生かされている人間との、そのコントラストが、通常なら何も

起こらずに時間だけが過ぎているところを、上手に脚本として

映画に仕立て上げた映画人の手腕。さらに、それを「さよなら

興行」に選ぶ銀座の映画館の見識眼。



これらが混ざり合ったブレンドというのは、スモーキーなのか

ピーティーなのか、シェリーか、フルーティか、ヴァニラか、

樽香か、エステル香か、見る人によってそれぞれ味わいが異なる

に違いないというテイストでした。



万物は流転するのがこの世のルールですが、また一方で流転を

名残惜しむのが人間の一面でもあります。きっと、銀座テアトル

さんと本作は、そういう記憶に長く残り続けることでしょう。





感謝!



[PR]
by mack-inomata | 2013-04-26 13:13 | 映画(CINEMA)

IL CAMORRISTA

原題を邦訳すると「カモッラの人」になりますが、この映画の

邦題は「教授と呼ばれた男」でした。



今日ここで取り上げるのは先日のナーポリ・ピッツアの繋がり

と、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の処女作というテーマです。




教授と呼ばれた男



イタリアのヤクザ映画ですけれども、こちらはシチリアでは

なくナーポリのため、マフィアとは言わないんですね。即ち

「カモッラ」の話です。



もうひとつ、映画の分野では同一ジャンルとして語られるで

あろう、ゴッド・ファーザーとも比較対象になることは間違い

ないと思われます。



しかし、というべきか、ながら、というべきか、ゴッド・

ファーザーがあまりにも有名な名作のため、実際のところは

比較すらされてこなかったのがこれまでの歴史であり、だから

自由に観てよいし、自由にみればこそ本質が伝わってくる

佳作です。



まずは、イタリア人が撮ったイタリア・ヤクザの映画である

こと。これは社会のなかに顕然として存在していた闇を照らす

ことをイタリア人自らが行なったという外形的事実に加えて、

皮膚感覚で悟っているであろう反社会的行為の仔細を、広く

深く掘り下げるというドキュメンタリーを思わせる高い技量

の描き方、および、これらを通じて人間が持つ内面的性質に

肉薄することが本作品の本質的価値であり、この本質的価値を

通じてゴッド・ファーザーと比較されるべきであるからです。



銀幕のスクリーンという観点でいえば、ナーポリの乾いた

気候と裏腹のコントラストを描くような、ウェットな人間

模様が2時間半以上続きますが、例えば、これがイギリスで

あったとしたら、同じような映画は生まれてくるでしょうか。



このあたりの文化的な差異が、個人主義のイギリスと家族

主義のイタリアの違いを背景にして、ハリウッドで作られた

ゴッド・ファーザーとは本質的な価値がまったく異なる

作品を構成しています。



この点において、本作はマフィア映画がお好きな映画通の

方におすすめの作品です。



私はDVDを購入して観ましたが、検索してみたところ、

Youtubeに本作がアップされていましたので、ご興味がある

方はぜひどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=axW7nBO5Zac





感謝!



[PR]
by mack-inomata | 2013-04-25 15:32 | 映画(CINEMA)

DON'T STOP BELIEVIN' / JOURNEY

BAD ENGLISHを書いたからには、JOURNEYに触れない訳にはいかない

でしょう。なにしろ、あくまで別のバンドといいながら、作曲

しているのは同一人物なのですから。





DON’T STOP BELIEVIN’/ JOURNEY



新ヴォーカリストのフィリピン人、アネール・ピネダを起用する

までのドキュメンタリーが映画になりました。



ジャーニーの看板といえば、スティーヴ・ペリーの伸びやかな

ヴォーカルの魅力ですが、それが失われたわけですからバンド

存続に関わる一大事であり、その危機から復活したストーリーは

十分にドキュメンタリー作品として公開するに値するということ

だろうと思います。



とはいえ、やはりこのバンドが40年もの間生き残っているのは、

楽曲とアレンジのよさが強固な基盤を築いているからに他ならず、

類稀なる才能のジョナサンとコンパクトな楽曲にエッジとなる

スパイスを効かせるニールの役割が大きく、そこにBAD ENGLISHの

解散後に加わったディーン・カストロノヴォの強力なヴァイヴが

バンドを熟成させ、なお一層成長させたと言っても過言ではない

と思います。



新ヴォーカルのアネールのシンデレラ・ストーリーは、いわゆる

現代のアメリカン・ドリームとして伝説的ですが、それも歴史の

一部にするだけのスケールをこのバンドは持ち合わせています。



だからこそ、歴史の証人として、この作品を見逃してはならない

でしょう。



Check It Out!!





感謝!



[PR]
by mack-inomata | 2013-04-11 10:52 | 映画(CINEMA)